1. >
  2. >
  3. パチンコの軍資金に必要な目安は!?

パチンコの軍資金に必要な目安は!?

現在主流のデジタル台には、甘デジタイプ、ライト(ミドル)タイプ、そしてMAXタイプの3種類があります。これらの違いは主に大当り確率ですが、もちろん出玉も違うので、同じデジタル台だとはいえ、打つ際にはそれぞれ異なる目安の軍資金が必要です。

ここでは4円パチンコを基準として、その必要な軍資金を考えてみます。

甘デジに必要な軍資金

甘デジとは大当り確率が概ね1/100程度の台を指しますが、大当りがしやすい分、出玉は確率変動なども考慮した上で平均して800~1000個程度になります。

よって、この出玉から計算すると、4円パチンコでは千円の250発で20回転したとしても、投資は5千円がその最大値になります。これを超えると計算上は負けることになります。

こうして見てみると、甘デジだからと言って勝つ確率が高いとはとても言えません。更に、実際に250発で20回転する台はほとんど無いでしょう。しかし、大当り確率が高い分、確率以上に続けて大当りを引くことも珍しくないので、運さえよければそれほど回らない台でも勝てる可能性があります。結果オーライになってしまいますが、その確率が一番が高いのがこの甘デジです。

ライト(ミドル)タイプに必要な軍資金

これらのスペックになると、平均出玉は2000個程度になります。その為、上記のように千円で20回転すれば、1万円までの投資が行えます。このような計算は、大当りの平均出玉を回せる金額=ボーダーラインという考え方から行っていますが、もちろん平均は平均なので、600個程度で終わってしまうこともあれば、3000個以上出ることもあります。

このバラつきがあるからこそパチンコは面白いと表現することができます。例え回転数ではとても勝てないと思われる台でも運次第で勝つことができるからです。しかし、当然ですが、いつもツイているとは限らないので、大して回らない台を運だけを頼りに打つのはとても危険です。

MAXタイプに必要な軍資金

MAXタイプになると、一度の初当りの平均出玉は3000~4000個になります。よって、千円で20回転の計算では2万円程度までの投資が行えることになり、いかに初当りを早く引き、その当りで確率変動に入るか、そしてどこまで継続するかが勝負の鍵です。

パチンコはいくら机上で計算を行っても、必ず確率によるバラつきが起こります。そのバラつきが一番起こりやすいのが、確率の分母が一番大きいこのMAXタイプです。しかし、きちんと計算を行った上で打った方がトータルでの勝率が上がるのは間違いありません。

パチンコは熱くならないように注意

現在のパチンコで勝つには、MAXタイプであろうと2万円までの投資にしておくべきだと言えます。ですが、実際にはそうもいかないことも多く、つい熱くなって3万円、4万円と遣ってしまう場合があります。

また、時には平均以上の出玉を獲得して大逆転といったことも起こるので、それを求めてつい何万円も投資を重ねてしまい、大負けを喫してしまうことも少なくありません。

パチンコを打てるのはその日だけではありません。天井という回転数の上限のあるパチスロでは話が変わりますが、ことパチンコではいくら回してもそれによって当りやすくなる訳ではないので、1日の軍資金としては2万円程度、多くても3万円までに留めておくべきでしょう。決して熱くなり過ぎないように気を付けてください。

>>【初心者必見】パチンコのやり方

トップページへ