1. >
  2. >
  3. パチンコはあくまで遊びの範囲でやる

パチンコはあくまで遊びの範囲でやる

パチンコは適切な範囲で楽しむ遊び

パチンコはあくまで遊戯と位置付けられていますが、その実体はギャンブルに近いのが実情です。

その為、熱くなってしまい、遣ってはいけないお金までつぎ込んでしまうようなことも少なくありません。中には借金をしてまでパチンコ店に通ってしまうような人もいるくらいです。

パチンコには4円、2円、1円といったレートがありますが、基本と言えるのは4円です。現在のこの4円パチンコでは大当りをしないと、30分で1万円は遣います。2時間も当たらない場合、約4万円も遣ってしまいます。

これは遊びとして考えると大変高い金額だと言えます。例えば同じ遊びで海やスキーに行ったとしても、4万円もあればかなり遊ぶことができるでしょう。
その4万円がたった2時間で無くなってしまうのが4円パチンコです。パチンコはそれだけ高い遊びだということを理解した上で打たないといけません。負けてしまっても問題のない金額までにしておくことが大切になります。

 

低レートのパチンコなら安心な遊びではない

1円パチンコや2円パチンコはそれと比べると安く遊ぶことができますが、これらはお店にとってそれほど利益を生み出す存在ではなく、4円のレートで空き台を作るよりはマシだと思って設置されていることが多いです。

よって、4円パチンコと比べると勝ちにくくなっていると考えてください。その為、時間当りに遣うお金こそ少ないですが、それが積み重なると決して馬鹿になりません。

また、依存症と呼ばれる人は1円や2円のパチンコを打つ人の方が多いとも言われています。1回で遣うお金をあまり気にせずに遊ぶことができるので、それがやめられない原因になっているのです。

 

やめる必要はありませんが…

きちんと遊びの範囲で打つことができれば無理にやめる必要はありませんが、パチンコは単なる遊戯ではなく、ギャンブル性のある遊びだということを理解しておくことが大事だと言えます。負けが込んでしまうとつい熱くなってしまい、更に負けを増やしてしまうという悪循環に陥らないように注意してください。

パチンコ店も慈善事業ではありません。その多くは借地や賃貸ビルで、日々の維持費も膨大な金額になり、パチンコ台の新台も1台で30~40万円もするのです。このようなことを考えると、いつも勝てる訳はありません。

 

借りるな!自分のお金で遊びましょう

一番やってはいけないのは、パチンコの為に借金をしてしまうことです。特に知り合いや友人から借りてまでパチンコを打つのは絶対にやめましょう。お金だけでなく、大切な人間関係まで失ってしまってしまいかねません。

パチンコは自分の遣える範囲のお金で遊ぶものです。決してこの為に借金をするようなことは避けてください。

>>【初心者必見】パチンコのやり方

トップページへ