1. >
  2. >
  3. 甘デジとは!?

甘デジとは!?

甘デジとは、大当り確率が概ね1/100程度のデジタル台のことを指します。この確率なので、1日に多くの当りが期待でき、比較的少ない投資で長く遊べるのが特徴です。

甘デジで有名な台とその特徴

甘デジと言えば、”海物語”の1/99のシリーズが有名です。ご存知ように海物語は1/319のMAXタイプや1/199程度のライトタイプも存在しますが、それらは一度の大当りで多くの出玉を求めて打つ台なのに対して、この甘デジタイプは何度も何度も大当りを重ねて出玉を稼ぐ遊び方になります。

この海物語の1/99のシリーズでは、大当りの約9割が4Rや5Rで400発程度の出玉になります。これだけを見ると、とても勝てるスペックには見えませんが、大当りごとに5回転(機種によっては6回転やそれ以上)のSTが付いています。そして、その後に更に約50回転の時短があります。

ST(スペシャルタイム)とは?

これは全てのパチンコ台共通ですが、STとは回数制限付きの確率変動のことで、この大当り後の5回転は普段は1/99の確率が10倍アップするので、連チャンが期待できます。この5回転での連チャン率は計算すると約45%程度になりますが、続く時には3回や4回と続くことがあり、それに出玉が1300個程度ある10%以下の確率の16Rが絡むと、一度の初当りで3000発以上の出玉を獲得できることも珍しくありません。

甘デジとはいえ、運が絡むとそのような大量の出玉の期待もできるので、この1/99の海物語のシリーズはとても人気があります。お店によってはこのシリーズの台だけで1つのシマを構成していることもあります。また、このようなスペックは、甘デジにおける一般的な仕様だと表現してもいいでしょう。

突破型の甘デジとは?

最近になって、この”突破型”と呼ばれる甘デジが登場しました。これは、初当りの95%程度は出玉が約400個で、STには入らず50回転程度の時短が付き、最初から約5%のST付きの当りを引くか、この時短中に大当りが引くと始めてSTに突入するというタイプです。

STにさえ入ってしまえば継続率が70%以上のことが多く、このST突入まで突破できるかどうかが勝負の鍵になります。簡単ではありませんが、それができれば多くの出玉が期待できるという訳です。このような仕様の為、本来の当りやすい、遊べるという甘デジとは別の種類の台と考えた方がいいかも知れません。

このタイプでは”キャプテン翼”という台が先駆者な的存在で、それに続いて色々と発売されるようになりました。

甘デジの一般的な投資金額は?

海物語のような一般的な1/99の台の場合、250発で1000円相当の4円パチンコでは、おおよそ5千円が最初の大当りを目指す基準になります。これを上回ってしまうと、金額的にそれ以上の出玉を回収するのは難しいかも知れません。

また、突破型のような特殊な甘デジはこの限りではなく、それこそ1万円程度遣うことは覚悟して打たないと勝負になりません。同じ1/99という確率でも、その台のタイプによって投資金額は異なるので注意が必要です。

>>パチンコ占い

>>【初心者必見】パチンコのやり方

トップページへ