1. >
  2. >
  3. パチンコ店の経営状況と遠隔操作

パチンコ店の経営状況と遠隔操作

人気のパチンコ店とは

みなさんは人気のパチンコ店といえば何を思い浮かべるでしょうか??

例えば、座席が広いとか、禁煙シートがあるとか、最近では出玉を計測してカードに入れるパーソナルシステムを導入しているといったこともあげられるかもしれません。
ですが恐らく、多くの人が出玉を考えるんじゃないかと思います。
当たり前ですけどお金を増やしたいと思ってパチンコをしに行きますから、そこがしっかり付いてこないと人気は出ないに決まっています。
よく出るお店に行くから勝つ確率もあがります。したがって常連客も増えます。口コミでお客さんも増えるでしょう。そうして人気店は確立して行くんじゃないでしょうか。

ということは、人気のパチンコ店はわかりやすく出玉を作らないといけないということになります。
出玉を増やすということは、お客への還元率を高くするということですから、お店の利益も少なくなるわけです。
それでも還元率を高くするという事は、分母を大きくしなくてはいけませんから、お客が多くならないと経営が成り立たなくなってしまいます。

 

人気のパチンコ店にするまで

実は、どのパチンコ店もオープン当初の頃はお客が付いているんです。
それはパチンコファンの中では新装開店のお店は、しっかりと出玉を作るという共通の認識があるためです。
お店側としても顧客獲得の為に良いお店だというアピールをしなくてはなりません。
何故なら新装開店のお店は来る客全員が新規ですから、出玉を作って、出る印象を与えておくことでリピーターになってもらわなくてはならない為です。
そういう意味ではどのお店も最初はお客が付いているわけです。
でも人気店とそうでないお店とで分かれてしまっているのが現状ですよね。

当たり前なんですが、大型店の方が集客力はいいわけですから利益も出しやすいですし還元もしやすいわけです。そうすると金額は高くなっていくはずです。
しかし、中型小型の店舗はというと、そういうわけにはいきません。
お店にも最低限必要な利益はありますから、それ以上に確保できないとお客への還元率が下がってしまいます。
こんな悪循環の繰り返しは客離れを招きます。
もっとほかの理由で、立地条件が悪い、人口が少ないといった事もあるでしょうが、それも全部含めて商売は成り立ちます。パチンコ店の人気店、いわゆる繁盛しているお店とそうでないお店の格差は常に開いているのです。

 

遠隔操作は人気店に見せながらも利益を確保する

これらの条件こそが、遠隔操作というものを生んでしまいます。
パチンコ台というのは本来は完全確率抽選で行われているものです。パチンコ台の大当たり確率と確変確率に準じて出玉が積み上げられていくものですが、遠隔操作とはその確率を操作するというわけです。

先ほどのような、集客ができない、利益がでない、還元できない、客の印象が悪くなって集客が落ちるという悪循環に陥ってしまったとき、一体なにを考えるでしょうか。
集客を上げるために広告を出すでしょうか。それとも、芸能人を呼んでイベントに似た事をして客を集めるでしょうか。
それらは最終的に成果をあげるかもしれません。ですが、それらは収益が見込めるかどうかが不透明であるのにもかかわらず、多額の費用が必要になりますよね。
やったからといって狙った成果がでるかはわからない。広告費の難しいところです。

そうした時に、遠隔操作というのは実にお店側には合理的なものなんです。
もちろん遠隔操作の機器を導入するのに費用はかかります。ですがその費用は遠隔操作という実用的な機械としてお店の資本に残るわけですよね。
その遠隔操作は、今までうまく行かなかった還元率と出玉の操作を思うままに操作できるわけです。
ネットでパチンコの遠隔を行ったお店の摘発動画があがっていました。そしてやはり、「出玉が出るお店だと思われればお客が集まると思った」などと言っています。
それだけで、いかに遠隔操作が効率がよくて、例え導入のための機器が高価だったとしても購入してしまうかがわかりますよね。

 

遠隔操作の実態

もし、遠隔操作を実際に導入したのなら。
パチンコ店で良く見る出玉のタワーをたくさん見る事ができるようになります。しかもお店側が意図した客に対してです。
お店は当たり前ですが、客の特徴を良く理解しています。この人は長く打つとか、最近この人は負けてばかりだとか、常に通ってくれているとか。
出玉を、大当たりが出てすぐにやめてしまう人には出さない様にするだけでも全然違うわけです。出玉遊戯してくれればドル箱はお金に変わらないですからね。
また、逆にたくさんお金を使ってくれる人の台を絞ることもできるわけです。
本来であればこうしたことは完全確率ですからできるはずもありませんが、そうした操作が、客の獲得と、お店の利益と、出すお店という印象を来店した人に植え付けます。
ですが実際は狙ってコントロールしているわけです。ドル箱を積み重ねながら回収している。こんなに効率のいいことはありません。

それだけ考えれば、健全に…いや遠隔操作している時点で健全ではないんですが、客が損しすぎないようにして出玉をうまくコントロールしているなら、パチンコ店の経営としてよっぽどうまくやっているかのように感じます。
完全確率抽選のパチンコ台ではおかしなぐらい当たらない事がありますからね。
遠隔操作していると考えればそんな台はみすみす作りません。変に当たらない台があればそれは逆に完全確率抽選だからなのかもしれません。
もし、遠隔操作がパチンコ店に蔓延しているのなら、今よりももっともっと負けすぎている人が減るのではないかと思います。何故なら、ヘビーユーザーは出玉を与えてもまた来店してくれるのですから、もっと還元していいはずなんです。遠隔操作できるのにそうしないお店は摘発されて当然じゃないかと私は思います。

 

遠隔操作があってもなくても

今現在で摘発されている遠隔操作のお店は少ないでしょう。色々調べてみましたけど、摘発されたことを調べれるまでは至りませんでした。
でも、2015年の放火されてしまったパチンコ店も蓋を開けてみると遠隔操作をしていたようです。そういったお店というのは、明るみになって世間のニュースになっていないだけで、実は多く摘発されているのかもしれません。
ですので、遠隔操作はパチンコ店ではつきものかもしれません。ですが、それがわかっていると出来レースだと知ってパチンコ自体に冷めてしまうだけなのかもしれません。
もしあったとしても、確実に出玉を作る人気店は確実にどの地域にも存在するわけです。仮に遠隔操作をそのお店がしていたとしたら、先ほど話したように健全な経営をしているとも言えますよね。

>>【初心者必見】パチンコのやり方

トップページへ